優良クレジットカード現金化業者比較!即日現金化できる!

誇大広告に隠された、キャッシュバック率など金銭面の罠!

金銭面に関する簡単な罠が誇大広告には隠されています。ようするに、広告のあちこちに嘘がちりばめられている現金化業者は100%ブラックだということです。

この手口の具体例として「広告にはキャッシュバック率90%超と謳われていたが、実際に振り込まれたのは70%程度の金額だった」「高いキャッシュバック率に惹かれて申し込みをしてみると、なにやら理由をつけて広告のキャッシュバック率にはほど遠いものになった」などが挙げられます。

このような事例に当てはまる現金化業者は確実にブラック業者ですが、気をつけておきたいのは、そんな罠に気づかずに取引を行い、実際の取引が終わりキャッシュバックが振り込まれるまで分からないなんてことにならないようにすることです。

上記に挙げた具体例の後者のケースには、それが顕著に表れています。取引の際に口頭で説明してくれる業者はまだマシで、事前に何の説明もせずにいきなり契約書の済みにこっそり書いてあるような条項を縦にして、開き直って難癖つけてくる悪徳クレジットカード現金化業者が多いのです。

このような罠を回避するためには、取引を行う前に業者の示す契約書の細部まで熟読するのが良いでしょう。他業種でも同様ですが、契約書に綴られている利用規約といったものは、文章量も多く、難読なものが殆どで、目を通すにもかなりの時間を要します。

しかし、そこで表面だけをさらっと読むだけで取引を始めようとしてしまうのが危険なのです。悪徳業者はすぐにそんな人の弱みにつけ込んで、利用者にとって不利な条件をこっそり契約書の片隅に紛れ込まれているのです。

このようにクレジットカード現金化業界には悪徳業者が暗躍していますので、十分な警戒が必要なのです。業者から示された契約書の利用規約などは時間をかけてしっかり読み解きましょう。その中で怪しいところを見つけたのなら、取引をしなければよいのです。

関連記事

契約違約金!?悪徳業者のまさかの手口

契約違約金!?悪徳業者のまさかの手口

NO IMAGE

取引が終わったのに現金が振り込まれない!

住所はあるの?

確かな業者・住所はある?悪徳業者を見分ける!

商品買い取りは危険?実際にあった商品買取の罠

商品買い取りは危険?実際にあった商品買取の罠