優良クレジットカード現金化業者比較!即日現金化できる!

クレジットカードが持つ悪いイメージとは?

クレジットカードが持つ悪いイメージとは?

今や誰もが持っているクレジットカードですが、良いイメージばかりではありません。ここではカードに対する悪いイメージについて、誤解や偏見についても一緒に考えてみましょう。

まずクレジットカードで買い物をすると現金よりも損なのではないか?と考えている方は少なくないと思います。カードで買うというとだいたい分割払いですから、金利がつくということで商品の代金以上にお金がかかるということはあるでしょう。

ただ一括払いでしたら金利はかかりません。商品の代金だけですみますので、このサイトではクレジットカードを利用する際には分割・リボではなく一括での支払いをおすすめしています。

そしてクレジットカードにはたいていポイントサービスやカード払いだけにつく割引もありますから、むしろプラスアルファで得することが多いのではないでしょうか。

またカードを使うと、目の前に現金がないのでどのくらい使ったかわかりにくいですね。そのせいで買いたいだけ買ってしまう、自分の稼いでいる額に見合わない高額なものを買ってしまうという可能性もあるでしょう。

それが借金~多重債務につながり、ひどい人だと自己破産に至ってしまうケースも出てきます。身近にそういう人がいると、クレジットカードは危険だから使っちゃいけないなどと思ってしまうかもしれませんね。

しかしそれはごく一部の限られたケースです。私を含む大多数の人たちは自分の使える金額がどのくらいかきちんと把握して、その範囲内で計画的に利用しています。

たとえば自動車がごくたまに交通事故を起こすとしても、それが危険だから乗るのをやめようというのは無茶な話ですよね。毎日何件かの交通事故が起きているとしても、大多数の人たちは安全に自動車を使って生活しています。

ルールをちゃんと守っていれば問題なく利用できるのですから、うまく使えばいいだけの話です。不安になり過ぎず、便利でお得だというプラス面に目を向けて積極的に使いたいものです。

クレジットカードのトラブルでたまにきくのが、財布を落とした時にカードを抜かれてしまい、勝手に使われてしまうというものです。現金ならまず戻らないと考えられますが、カードに関しては落としたことがわかりしだいすぐ連絡すれば利用停止してもらうことができます。

それによってカードは使えなくなり不正利用の被害を食い止めることができます。もしそれが間に合わず不正利用されてしまっても、カードに付帯している保険によって補償されるのでご安心ください。

ということは、現金よりもむしろリスクは小さいのではないでしょうか。盗難の危険性を考えると、現金の所持はなるべく少なくしてクレジットカードで買い物をする方が被害もより少なくてすみますし、安全かもしれませんね。

中にはカード自体を盗むというのではなく、専用の機械を使ってカードにかざし、その情報を盗み取るスキミングという手口も使われることがあります。それで他人のカードを勝手に使うことができてしまうのです。
クレジットマスターと呼ばれるカード偽造も増えています。自分のカードが手元にあるにもかかわらず、情報を盗み取られて勝手に使われてしまうということも起こっています。

しかし最近ではそういった新手の手口による不正利用に対しても保険が使えるようになっています。何かトラブルがあっても、ルールを守っているのであればカード会社の方でもしっかりフォローしてくれますので、心配し過ぎはよくありません。

クレジットカードだけではなく、どんなものにもリスクはついて回ります。よく起こるトラブルについてはお店やカード会社もわかっていますので、何かあればすぐに連絡して対処をお願いすればよいのです。

クレジットカード現金化比較TOPへ戻る

関連記事

法人カードとは

法人カードについて どんなカードなのか?メリットやデメリットは?

利息制限法について

利息制限法について 利率や手数料などは?

クレジットカードの審査基準について

クレジットカードの審査基準について

クレジットカードを作るときの流れ

クレジットカードを作るときの流れ

NO IMAGE

クレジットカードを使うメリットについて考えてみる