優良クレジットカード現金化業者比較!即日現金化できる!

クレジットカードの審査基準について

クレジットカードの審査基準について

みなさんは、クレジットカードをお財布の中に何枚かお持ちでしょうか?

クレジットカードって、大人になるにつれ何かと作る機会が増えてきますよね。

デパートで買い物した際になんとなく「よく来るデパートだから作るのもいいかも」と、その場の勢いで作ったり、アパートを契約する際に必要に駆られて作ったり、口座を開設する際に作ったり……その機会もさまざまですね。

私も、初めてクレジットカードを作ったのは、気まぐれな理由からでした。

あるデパートに入っているカバン屋さんで作ったのが最初だったんですが、作った理由は、店員さんがとても親切だったから、というものです。接客態度に感動し、「この人の成績に反映するなら」と考えてのことだったんです。つまり、ほとんど勢いで作ったということですね。

そういったなんとも二次的な理由で作ったのが、人生で初めてのクレジットカードでした。

しかし、その時は年末セールでとても混んでて……、カードを発行するのに一時間もかかってしまったんです。やはりクレジットカードは信用を表すカードですから、本来であれば、しっかり審査を通過した人じゃないと、持たせてもらえないカードなんでしょう。

ですがそのデパート系のクレジットを作った時の私は、実はあまり収入もなく……固定電話も引いてなかったので、「自分でも通れるんだ、どうして通ったんだろう」と正直疑問に思ってしまいました。

そもそも、クレジットカードの審査基準とはどのようになっているのでしょうか?

あまり厳しくないクレジットカード審査基準

まず、クレジットカードの審査というと、いかにも規律めいた、確然としたもののように思われますが、意外と理不尽な点も多いようなんです。

調べてみたところ、ほとんど同じような条件の人でも、通過したり、通過しなかったり……キッチリしているようで、実はそうともいえないようなんですね。では、現金化にも活用できる、この便利なクレジットカードの審査基準について、お話していきます。

審査基準は、もちろん定まってるんですが、実はこの管理するための機械は、「名前」でデータを集計しています。

そのため、あることが起きる危険性があります。そう、同姓同名の人の、事故情報と、自分の履歴が同一のものだと勘違いされ、信用情報機関の履歴にキズがつくということです。

こんなことはあってはならないんですが、管理の仕方が、公的な証明書を要する形になったのは、最近のことなので、どうしてもそういったことが起こる可能性が否定できないんです。

管理が名前重視であるために、起こりうる最悪のケースとしては、同姓同名の相手が、多重ローンで、延滞履歴が多い人で、その事故情報の被害をまるまる被ってしまうことが考えられます。

これまで真面目に使ってきた人からすれば、たまったものではありませんよね。でも逆に言えば自分も、しっかり使わないと誰かに迷惑を掛けるかもしれないということなので、クレジットカードはキッチリ使うようにしましょう。

関連記事

クレジットカードを作るときの流れ

クレジットカードを作るときの流れ

クレジットカードが持つ悪いイメージとは?

クレジットカードが持つ悪いイメージとは?

法人カードとは

法人カードについて どんなカードなのか?メリットやデメリットは?

NO IMAGE

クレジットカードを使うメリットについて考えてみる

利息制限法について

利息制限法について 利率や手数料などは?