優良クレジットカード現金化業者比較!即日現金化できる!

クレジットカード現金化、融資の相違点

クレジットカード現金化でときどきみられる誤解の1つ、クレジットカード現金化と普通の金融商品の融資をごちゃごちゃに混ぜていることがよくあるのです。

最初に言っておきます。クレジットカード現金化と、普通の融資は全然違うものです。

実際にあった例を挙げてみますと、
※返済
・クレジットカード現金化→クレジットカード会社に返済。
現金化業者に払うことはない。

・融資→融資先に直接返済。

※審査
・クレジットカード現金化→ない。

・融資→ある。

※取引先の業種
・クレジットカード現金化→通信販売業者
融資→金融業者

※限度額
・クレジットカード現金化→ショッピング枠の中で上下する
・融資→利用の状況で上下する

という風になっています。
この事からみても全然違うということが分かるでしょう。このなかで1番の特徴は取引先の業種、クレジットカード現金化は金融業の会社ではないのです。

それは、通信販売業者の不当景品類および不当表示防止法(景品表示法)に関連していて、申し込んだ人が手に入れる現金は、あくまで現金化業者が示した品物を買ったときにおまけとしてついてくる特典としているからです。

そして、特典は取引した額の90パーセント以下とされているので、普通の還元率が70~90パーセントというのはこの関係だからです。

こうなると、当たり前に金利も現金化業者は関係がなく、支払いの際の金利は、つかったクレジットカード会社が示しているものになります。そして、返済についての問い合わせも全部、クレジットカード会社にしなければいけません。

もし現金化業者に問い合わせても、「利用しているクレジットカード会社に問い合わせてください」と言われてしまい、すこしばかり恥ずかしくなるかもしれません。

関連記事

NO IMAGE

クレジットカード現金化を分割払いする方法

NO IMAGE

クレジットカード現金化とサラ金の違い

NO IMAGE

クレジットカード現金化はキャッシングとどう違う?

NO IMAGE

自分の目的にあったクレジットカード現金化を探す方法

NO IMAGE

クレジットカード現金化はどんな時に役に立つのか?

NO IMAGE

クレジットカード現金化の違法性について説明します。