優良クレジットカード現金化業者比較!即日現金化できる!

契約違約金!?悪徳業者のまさかの手口

契約違約金!?悪徳業者のまさかの手口

契約違約金、つまりキャンセル料のことです。クレジットカード現金化を利用しようと決めたら、業者を選ぶときに見るのはやはりキャッシュバック率だと思います。例えば読まなくなった本を古本屋に持ち込むときも、査定が高いほど嬉しいものですよね。この心理がクレジットカード現金化でも働くのです。

この契約違約金を使ってくる悪徳業者の手口は以下の通りです。

  • 誇大広告(例:業界トップのキャッシュバック率98%!など)で利用者を釣り上げて(いわゆる釣り広告です)、言葉巧みに取引開始を迫ってきます
  • 勧められるまま申し込みをすると、業者は利用者が提出した身分証明書やカード情報などの個人情報を手に入れることに成功します
  • 情報を手に入れた業者は、それまでメリットばかり謳っていたにも関わらず、いきなり手数料などを称してキャッシュバック率が下がるというデメリットを突きつけてくるのです。

「それでは話が違うじゃないか!」などと訴えてくる利用者に、悪徳業者ならではの得意文句で「契約違約金」の存在を強調してきます。

利用者からすれば、当初の計画にはなかった契約違約金を支払うのには抵抗がありますので、ついその脅し文句に騙されてしまい契約をしてしまったというケースです。このような場合、利用者が手にする金額は釣り広告に書かれていたものとはかけ離れた低い金額になります。

この「契約違約金」手口に嵌められてしまわないためには、そのようなデメリットを提示してきたときに冷静さを失わないことが大切です。取引の契約とは、契約書に印鑑を押印して初めて確定するのです。業者が契約違約金を求めるためには、その押印前に違約金が発生することを利用者に伝える義務があります。

そのことを頭に入れておけば、業者の脅し文句は単なる言いがかりだと強く抗議できますし、さらには警察に通報するといったことを言うのも効果的でしょう。しかし、この手の強行型の悪徳業者は、あまり挑発しすぎるとどんな手段に出てくるか分からないという危険性がありますので、十分注意して下さい。

クレジットカード現金化TOPへ戻る

関連記事

NO IMAGE

誇大広告に隠された、キャッシュバック率など金銭面の罠!

NO IMAGE

取引が終わったのに現金が振り込まれない!

住所はあるの?

確かな業者・住所はある?悪徳業者を見分ける!

商品買い取りは危険?実際にあった商品買取の罠

商品買い取りは危険?実際にあった商品買取の罠