優良クレジットカード現金化業者比較!即日現金化できる!

法人カードについて どんなカードなのか?メリットやデメリットは?

法人カードとは

法人のカードには大企業が使うコーポレートカードと中小企業や個人が使うビジネスカードがあります。この両者のカードですがカードの定義がきちっと決まっているわけではありません。

法人カードは会社の経費を支払う際に利用されるためのカードで、目的は異なりますが一般的なカードの使用方法と一緒です。法人カードの使用目的は経費削減、経理事務の効率化とされています。

また、法人カードには親カードと子カードが存在します。メインに使用するカードは通常通り会社の経費等の支払いに使われます。子カードについては複数発行して社員に持たせることができるのです。限度額としてはメインカードを設定してその中に子カードの限度額も含まれるようにできます。

複数枚発行して社員に持たせることで出費の管理がしやすくなります。1つのカードを使いまわすよりこちらのほうがよっぽど効率がいいカード使用方法となるわけです。

利用明細からも管理がかんりがしやすくいつ誰がどの目的でりようしたのか把握しやすく無駄な経費が発生しにくくなるわけです。

利用する会社においの画運送会社です。さまざまなところで支払いをしますから、子カードを発行することでその経費が把握できるわけです。特にガソリン代の把握に役立ちます。また、海外出張の多い職種の会社も子カードを発行すると便利です。

その他の利点としては

  • クレジットカード決済となるので後払いになる
  • まとめてメインカードにポイントが集計されるためポイントが貯まりやすい
  • 支払いの一括化

しかし、法人カードは利用限度額が高額なため支払能力がないのにその限度額をつかってしまっては会社の経営に異常をきたして倒産する恐れもあります。そのため審査は厳しく設定されていて、経営年数や運営状態までチェックされます。連帯保証人については代表者が決められ登記簿謄本や決算書などさまざまな書類を提出します。

クレジットカード現金化優良TOPへ戻る

関連記事

NO IMAGE

クレジットカードを使うメリットについて考えてみる

利息制限法について

利息制限法について 利率や手数料などは?

クレジットカードが持つ悪いイメージとは?

クレジットカードが持つ悪いイメージとは?

クレジットカードの審査基準について

クレジットカードの審査基準について

クレジットカードを作るときの流れ

クレジットカードを作るときの流れ